レスベラトロールは高い抗酸化作用を持つ成分である

緑の粉

原料によって成分が違う

青汁には様々な栄養素が含まれており、健康的な食品として名高いものとなっています。青汁にはもととなる原料によって栄養分や味の違いというものがあるのです。最近では種類も増えてきていろんなものを試すことができるようになりました。

ブドウ類に多く含まれる

サプリ

レスベラトロールとは、ブドウなどに含まれるポリフェノールの一種になります。ポリフェノールとは、高い抗酸化作用を持つ成分のことで、植物の香料や色素を作る働きがあると言われています。レスベラトロールが発見されたのは1939年ごろの北海道です。北海道の湯名大学の教授がバイケイゾウという有毒な成分を持つ植物から抗酸化物質を発見したのが始まりとなっています。本来は植物が紫外線などの衝撃を受けた場合に、身を守るために分泌される成分です。外から受ける強いストレスから身を守り、活動していくための防御成分なのです。レスベラトロールはワインなどに多く含まれています。そのため日常的にたくさんの量のワインを飲んでいるフランス人などは、高カロリーな食事が多いにも関わらず心臓病などの病気を引き起こす可能性が低いということが分かっています。ワインを日常的に多く飲む習慣があることで抗酸化作用が働き、心臓病などの疾患を発症する確率がぐんと下がるのです。逆に日本人はワインなどをたしなむ習慣があまりないため、心臓の疾患を発症する人が多いと言われています。抗酸化物質を普段から摂るように意識していくことで病気に侵される可能性も低くなり、丈夫な体を作り上げることが可能になるのです。

レスベラトロールを多く含んでいる食品はワインだけではありませ。最も多く含まれている食材としては、サンダーベリーという果物です。この果物は北欧のラップランドというところの森に生っている果実です。北欧は夏には紫外線が強く、冬には厳しい寒さが発生するといった気候になっています。そのような刺激の強い気候環境から身を守るためのものとしてサンダーベリーにはレスベラトロールが豊富に含まれているのです。最も豊富に含まれている食材がサンダーベリーですが、そのほかにもピーナッツの皮やアーモンドといったナッツ類、ココアなどにもレスベラトロールはたくさん含まれています。これらの食材を摂るようにすると、効果的に抗酸化物質を体内に取り入れることができるといえます。抗酸化物質は体内にあるタンパク質や脂質が酸化してしまうのを抑える効果があるので、健康にも非常にいい成分なのです。そのほか美肌を作る効果もあります。人間の体の中には活性酸素という成分があります。活性酸素には増殖するといい細胞まで壊してしまうという特徴があるのです。いい細胞まで攻撃してしまうと病気や肌の生まれ変わりといった作業をきちんと行えなくなり、肌トラブルや体調不良といった症状が表れてくるのです。レスベラトロールはこの活性酸素を分解するものとしてとても高い効果を発揮してくれる成分なのです。

疲労回復や視力向上の効果

フルーツ

ブルーベリーは健康食品として人々に親しまれている食材です。得られる効果は、目の疲れを改善することや疲労回復をする効果、脳の活性化を図ることなどもできます。またがんの予防法としても取り入れらています。

美容や健康に効果がある

水を持つ女の人

水素水は、今とても注目を集めている飲料水です。高い注目を集めている理由は、その効能の高さにあります。主に美容や健康に効果があります。水素水に含まれている抗酸化物質が活性酸素を分解してくれる仕組みとなっているのです。