免疫力を高めると病気になりにくくなることはご存知のとおりです。そして、免疫力は加齢とともに低下していくことも有名な話です。このように、両者は密接な関係にあります。しかし、裏を返せば免疫力を鍛えればいつまでも若々しくいられるということになります。

 

免疫力を鍛えると血液やリンパ液の流れが活発になり、さまざまな健康維持や美容の効果がもたらされます。例えば、内臓などの体中の器官が正常に働くことや、肌ツヤがよくなること、抜け毛が防止されること、ダイエット効果などです。このように、体の内側も外見も健康的になれるメリットがあります。

 

では、免疫力を高めるための具体的な方法について迫りますと、1つ目には抗酸化作用のある食事を心がけることです。体内の免疫系の中枢は「胸腺」と言われる甲状腺の少し下の位置にある器官が担います。ところが、この胸腺は活性酸素によって縮小し、働きが鈍くなることが判明しています。そこで、活性酸素の働きを抑えるビタミンCやポリフェノール、ベータカロテンなどを積極的に食べることが効果的です。

 

もう1つの方法は腸内環境を整えることです。実は腸と免疫はたいへん密接な関係にあります。なぜなら、腸内には体全体の約7割の免疫細胞が集中しているからです。つまり、腸内環境が整えば免疫細胞が通常通りにはたらき、上記のようなさまざまな効果が出るというわけです。腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことを心がけなくてはなりません。そこで、乳酸菌やビフィズス菌を積極的に摂取することが効果的です。また、善玉菌のエサとなる食物繊維をしっかり食べることもポイントです。

 

このように、食事やサプリメントの服用などで2つのアプローチから免疫力を鍛えていくと、自然と若々しさを取り戻すことができます。食事を制限する無理なダイエットとは異なり、健康的にダイエットできる点も大変魅力的です。