代替医療ってそもそも何?

 

代替医療とは、近代の西洋医学に代わる医療のことを一般的に指します。

 

鍼灸や漢方薬、アーユルヴェーダなどの東洋由来の医療なども代替医療で、他に、カイロプラティックやホメオパシー、他に、健康食品やサプリメント、マッサージ療法や心理療法など、代替医療の内容は実に幅広くあります。

 

代替医療でよく知られるのが癌の代替医療です。

 

癌の治療では、癌腫瘍を取り除くための手術や薬物療法がありますが、これらの治療を補うために、または、この治療の代わりに行う医療のことを代替医療と言います。

 

癌の手術やその後の抗がん剤などの薬物療法は、副作用も強いものなので、それに代わる代替医療が注目されています。

 

ブロリコは、癌の代替医療としても注目!

 

癌の代替医療では、近代の西洋医学だけでなく、もともと身体に備わっている自然治癒力を高めることで、癌を未然に防いだり病気を治療することを目的とします。

 

実は、私達の体内では、毎日数百もの、癌細胞ができては、自然免疫であるナチュラルキラー細胞によって攻撃、排除されています。

 

つまり、この体内にもともとあるナチュラルキラー細胞がしっかりと働いていれば、癌になることはないと言えるのです。

 

このナチュラルキラー細胞の働きを低下させてしまう原因は、ストレスや喫煙、食生活など、さまざまな原因が考えられます。

 

免疫力を低下させてしまうストレスなどを出来るだけ避けるような、健康的な生活を心がけると同時に、自然免疫を高めることができるブロコリの摂取は、癌の予防に期待できるかもしれませんね。

 

ブロリコには、自然免疫の中でも特に、ナチュラルキラー細胞の活性化させる働きがあることが分かっています。

 

ブロリコには、癌の代替医療の成分として注目されている、フコイダンの60倍もの免疫活性効果があります。